学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第1号


☆将来の夢を抱く
 人間、夢を抱くということは、とても大切なことです。 歴史上、さまざまな人が、いろいろな発見や発明をして、後に偉人と呼ばれることになった人も、人生のどこかの時点で必ずや夢を抱いていたと思うからです。 その夢や理想を目指して、日々努力したからこそ、人類の発展のためのいろいろな実績をあげたのです。

 “夢のない人生は不毛(成果がのぞめないこと)である”と言います。また、“夢ある人はどんな困難にも立ち向かえる”とも言います。 やさしく言いかえれば、「どんな立派にみえる人であっても、夢一つ持ち合わせていないようでは、立派であるとは言えない」し、 「夢を持っていれば、人生のいろいろな困難にぶつかっても、必ず乗り越えてゆける」ということでしょう。

 そのような視点から、もう一度『夢』という言葉を考え直したとき、さて君たちは夢と言えるものを持っているでしょうか。 夢、と言うと少し内容がぼんやりしがちなので、『理想』という言葉に言いかえてもよいかも知れません。 いずれにせよ、自分が向かってゆくべき最終到達地点を掲げ、突き進んでゆくからこそ、生きてゆく上での喜びがあり、また充実感を得られるのだと思います。

 社会的には、あまり明るい世の中とは言えないこの頃です。新聞やテレビ報道 を見ても、暗いニュースばかりで、我々見たり聞いたりしている側も、何となく暗い気持ちになってしまいがちです。 しかしそうした世の中であるならばな おさら、夢を高く掲げ、明るい未来に向かって前進する、そうした姿勢がぜひとも必要だと思うのです。 そうでなければ、日本はこのまま暗く寂しい国になっ てしまいます。 だから、「どうせやっても無理だ」というマイナスの発想を、「やってできないことはないのだ」というプラスの発想に切りかえて、自分の 夢に向かって突き進んで欲しいと思います。 夢を抱き、その夢の実現に向かって、失敗を恐れず努力前進し続けること。しかも、そのこと自体が楽しい、と 思うまでになれれば最高です。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第0号〜第50号に戻る
 

バックナンバー
第0号〜第50号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/21 リニューアル
2003/11/13 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved