学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第2号


☆嫌な面ほど目立つけど
 生活していると、ありとあらゆる場面で、いろいろといやな面が見えてきます。 君たちも、いやなことを一度も経験したことのない人はいないだろうし、毎日毎日を生きて行く上で、どうしても「嫌だな」と思ってしまうことは、たくさんあるはずです。 しかし、そんな気持ちになったとき、どう自分自身が考え行動するか、ということで、人間としての価値が決まってくるように思います。

 例えば友だちつき合い。親しくなればなるほど相手のいやな面、ダメだと思う面が見えてくるものです。そのときに、心に思ったことをそのままズケズケと言ってしまうと、友だちを失うことがあります。 人間なかなか素直になれないから、それが図星であった場合は特に、ストレートに受け入れられずに反発したくなってしまうからです。

 しかしもし、いやな面が見えた人があまり親しくない人であったならば、おそらくは、どこかで意見がぶつかり、けんかになってしまうかもしれません。 でもそれでは進歩がありませんし、なんだが時限爆弾を抱えているようでいやですね。

 そこで、友人関係を築く上では、いやな面が一つ見えたら、良い面(感心することとか、立派だなぁと思う面、優れた面)をその十倍くらい見つけます。 そうすると、ずっと気になっていたいやな面が、あまり気にならなくなります。この人はこんないい面があったのか…と見つけ続けると、いやな面が薄れていくようになるのです。 人間二つ以上のことを同時に考えることは難しいので、少し気持ちがおさまるのかも知れません。

 このことは、大人の世界でも同じです。実は私も実践してみたことがあります。まさに効果てきんめんでした。 どうも自分が「いやだな」と思ってしまうと、相手にも口に出さなくてもその雰囲気が伝わって、人間関係がぎくしゃくしてきます。 そこで、相手のいい面を探す努力をしてみたのです。最初は「この人のいい面なんてないだろう…」なんて思っていたのですが、よくよく考えてみると結構いい面が発見できるものなのです。 そんな風に探しているうちに、以前から考えていたいやな部分は、本当にあまり気にならなくなっていました。そして、その人とはいつの間にか仲良くなっていました。

 実はこの方法は、人間関係以外にも応用ができます。いろいろなことで、嫌なことに出会った、その十倍くらい良いこと、楽しいことを見つけるようにするのです。 不思議となんだか小さな幸せを発見したような気持ちになり、うれしくなってきます。試してみてください。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第0号〜第50号に戻る
 

バックナンバー
第0号〜第50号

このページの更新履歴

2005/10/21 リニューアル
2003/11/16 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved