学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第6号


☆地球も生き物だから
 いろいろな動物は、身体に悪い部分ができると、自分で退治しようとします。(免疫機能) しかし、それだけでは治らない場合は、人間の場合は薬を飲んだり、手術をしてその病巣(病気のある部分)を取り除いたりします。 また、ちょっとした怪我をした場合、軽度であれば、自然に傷口がふさがり、かさぶたができて、そしてそれが取れると完治しますね。 でも、かさぶたの状態になると、「ちょっとかゆいなぁ」と、ぼりぼりかいて、かさぶたがぽろっと取れてしまうこともあります。

 地球も一つの生き物ですから、地上で何か悪いものができれば、自然にそれを除去するかも知れません。 かさぶたの例ではありませんが、もしかしたらいろいろな天変地異のようなものは、地球が“ぼりぼり”とかさぶたをかいているのかも知れません。

 このところ核実験などのニュースが報道されています。現在公式に核兵器を保有していいる国は8カ国 (公式核保有国が米ロ英仏中の5カ国。これにインド、パキスタン、イスラエルが加わる。もしかすると北朝鮮も)。 でもこのことは、生き物地球にとってみれば、自分自身を破壊できるほどの危険な病原体。だからそれを排除したくなるのも人情(?)です。

 人間の手術は、医師が行いますが、地球の手術は誰が行うのでしょう。まさか地球自身が、ぶるぶるって体を振るわせて、大陸でも陥没してしまうなんてこと、…ないでしょうね。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第0号〜第50号に戻る
 

バックナンバー
第0号〜第50号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2003/11/28 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved