学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第8号


☆限界を突破する 〜「無理だな」とは言わない、思わない〜
 君たちと話をしていると、よく「できない」とか「無理だな」と言う言葉が聞こえてきます。 その中には、やる気の無さをうまく言葉で表現できずに、「無理だな」という言葉で代用していることもあるかも知れませんが、多くは、自分自信の能力を狭い殻で囲ってしまっているのだと思います。 世の中、「できない」なんて叫びながら、何かを成し遂げられるような人などいないのです。「無理だな」と思いながら成功する人もいません。

 ちょうど君たちが生まれた頃の1985年、茨城県つくば市で科学万博が行われました。そこには、いろいろな最先端の科学展示があったのですが、その中にトマトの木がありました。 そのトマトは、水の中に根を生やし(養分を溶かした水で育てる水耕栽培)、ブドウ棚のように水平に茎をはわせた(水平栽培)トマトで、 こうした栽培法をすることで、普通なら十数個しか実を結ばないトマトは、一万五千個あまりの実をつけるという、常識では考えられないトマトでした。 多くの人を驚かせたこのトマトの木(?)を開発した人は、きっと「無理だな」とは思っていなかったはずです。 “必ず方法があるはずだ。養分を十分吸い取る根が、どんどん広がれば、植物自体も大きくなるに違いない。 そうなれば、たくさんのトマトの実もなるだろう。そのために、根の成長を妨げている土を取り除いてしまおう”。 そう考えてそのトマトは作られたのだろうと思います。

 「無理だな」思うことは、いいことではありません。ましてや、それを口に出して言うことは、悪いことです。 その言葉で、周りの人も「そうかな、だめなのかな」という弱気にさせ、またその言葉を自分自身でも聞き、自分の心の中でも反復し、ますます自分を小さくしてゆくからです。 ちょうど、自分の周りにバリアを作って、中にある無限の力を、押さえ込んでいるように感じます。 そんなバリアは不要です。本来人間には限界はありません。限界を作っているのは、限界があると考えてしまう弱気な自分自身だからです。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第0号〜第50号に戻る
 

バックナンバー
第0号〜第50号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2003/12/03 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved