学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第15号


☆一年間の垢落とし 〜二学期終業式を迎えて〜
 毎年十二月三十一日の大晦日の夜中になると、各地の寺院で除夜の鐘の音が響きます。 鐘は百八回撞きますが、これは百八個あると言われる人間の煩悩(人が悟りを開こうとする時に妨げになる様々な誘惑。心の垢)を清めるためであると言われています。 早いもので、今年もあと十日あまりで大晦日。そして今日は二学期の終業式。本日で二学期も終わりです。 こうした機会に、この一年を振り返り、改めるべきことは改めるなど、来年(新学期)に向けての準備をするべきだと思います。

 思えば、いろいろな行事と共に、君たちも少しずつ成長してゆきました。失敗したこともあったでしょう、成功したこともあったでしょう。 それらをいろいろ思い起こし、一年間の垢落としをしてみるちょうどよい機会です。

 このクラスがスタートしておよそ八ヶ月。君たちは、まさにクラスの一員となりました。来年はきっと良い年になる。みんな輝け、朝日のように…。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第0号〜第50号に戻る
 

バックナンバー
第0号〜第50号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2003/12/19 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved