学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第30号


☆困難にぶつかったとき
 人生の中には、どうしようもなく困ったり、壁にぶつかってどうにもならないと感じる時があります。たいていの場合、「どうしてこうなってしまったのだろう」と考え、あれこれと悩みます。 「あの時のあれがまずかったのではないか」とか、「あの事件さえなかったら」などと、どうしても責任を他のものに求めてしまうのもこんな時です。 たとえそうでなくても、過去の自分を振り返り、反省し、自分を責めてしまうことも、しばしば起こりうることです。こうした時には、どうしても気持ちが内向きになり、暗くさびしい生きざまになってしまうものです。

 しかし人間は、そうした苦しみ、逆境(思うようにならず苦労の多い境遇)、挫折の時こそ、発想を転換する必要があるのです。反省は確かに大切です。 しかし反省には積極的な面もあるのです。それは「自分は新しいアイデアで戦ったか」、「自分は新たな発想を出したか」という見方です。 『新しい困難には、新しい発想、新しいアイデアで戦う』という姿勢がどんな困難に対しても勝利する秘訣です。

 『今日一日、困難克服のために新しいアイデアで立ち向かったか!』

 そうした考えで壁に立ち向かうとき、もはや困難など単なる幻にすぎなかったと思えるでしょう。お互い試してみましょう。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第0号〜第50号に戻る
 

バックナンバー
第0号〜第50号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/02/06 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved