学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第32号


☆『与えること』こそ美しい…
 バレンタインデーが近づいてきました。中学校生活最後の今年は、「何個もらえるかな、○○さんからもらえるかな…」などと、心密かに期待をしてる人もいるのではないか、と思います。 一方、あげる側の立場の人は、これまた、「快く受け取ってもらえるかな。嬉しそうにしてくれるかな…」などと一生懸命になってチョコレートを選んだり、作ったりしているのでしょう。 なんともほほえましい光景です。

 ただ、『もらえなければ不幸か』と言えば、取り立てて関心のない人から見れば、「何をそんなに興奮しているの…」と、さめた目で見ている人もいます。 という一方で、もらえなかったことを大げさに悩み、苦しみ、悲しんでしまう人もいるのです。これは、なにもバレンタインデーのチョコレートばかりではありません。

 男女の恋愛にしても、たいてい破局になるのは、「どうしてこんなに思っているのに、相手は分かってくれないの…」という、思いのすれ違いです。 お互いが理解できない、と言えばそれまでですが、そこには巧妙な『愛』のすり替えがあるのです。 それは、互いに、「相手から何かしてもらうことを愛だと思っている、ギブ・アンド・テイクを愛だと思っている」という点です。 本当の『愛』とは、『与えること』です。それにもかかわらず、いつしか『奪う愛』、『相手の心をしばる愛』になっているのです。

 誰もが、「もらうことばかり、人からしてもらうことばかり」を求めていたら、世の中は成り立ちません。 みんなが心の底から相手のことを考えて、相手の幸せを願い、相手をよくする、相手に喜んでもらえる、そんな気持ちでいると、世の中は天国的になっていきます。

 とかく人の悪い部分はよく見えます。気に入らない所を数え上げればきりないでしょう。 しかし、そんな相手の悪い部分を、いくらたくさん数え上げたところで、そこから生まれるのは『愛』とは反対のものです。『憎しみ』と言ってもいいかも知れません。 あっちでもこっちでも『憎しみ』であふれたら、世の中は地獄になります。

 そうではなくて、努めて相手のよいところを見てゆくことです。確かに、人の悪い点は目立つでしょう。 でも、それをぐっと抑えて、相手のよい面を探すことです。よいところを見つけることです。こうした相手の善の部分を見つけることで、相手に対する評価や考え方が変わってきます。 それも、実は『与えている』ことになるのです。

 奪う姿は醜いものですが、与える姿は美しいのです。真に相手の幸せを願って、人に尽くそう、人のためによかれと思うことをなそう、と思った人には『愛』が満ちあふれているのです。 そうした人は、男女に関わらず美しく見えます。その美しさは、外見の美しさではなく、心の中からわき起こってきた、内面からにじみ出てきた、ほとばしり出た美しさです。

 今年のバレンタインデーが、そんな美しい姿で彩られる一日になることを願っています。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第0号〜第50号に戻る
 

バックナンバー
第0号〜第50号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/21 リニューアル
2004/02/13 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved