学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第36号


☆我を矯める
 地獄の一丁目に餓鬼地獄というものがあります。餓鬼という地獄は、「欲しくて欲しくてたまらない…けれども得られないことで苦しみを体験している」地獄です。 このことは、たいていの場合、食べ物で象徴されます。ですから、みんな飢えているのです。飢えているうちに、だんだんと身体も変化してきます。 がりがりにやせ細っているのですが、お腹がぷーとふくらんで、目はくぼみ、髪の毛も抜けて、なんともおぞましい姿になってしまいます。

 この地獄の住人は、とにかく食べ物を探してます。食べ物はあるにはあります。 ただし、その量が少ないので、それを多くの人が、群がるようにして「自分のもの」にしようとします。そこには争いが起き、殺し合いをしています。 たった一つの果物をめぐって、取り合いが行われるわけです。そして、たいていの場合、強い者がその食べ物を得る、ということになりますが、たまにはどさくさにまぎれて、横取りをしていく者もいます。

 ところが、そうしてやっとのことで、食べ物を得ても、彼らは決して満足することができないのです。 食べようとして口に入れようとした瞬間に、ぼっと炎になってしまったり、すーっと消えてしまったりします。 必死の思いで得た食べ物ですから、とても悔しがるわけですが、そうなったらまた新たな食べ物を探すしかありません。

 また、時には人間を食べてしまうこともあります。どうしても食べ物がない、ということで、その欲を抑えきれずに、「あの人間を食べてしまおう」と襲って、腕なり足なりを食べています。 でも、もとより死んでいますので、食べられた側も程なくもとの姿に戻りますので、その姿を見て、「さっき食べたのに…」と、結局満たされない状態が続くわけです。

 ここには、「人のために何かをしよう」などと考える人は一人もいません。みんな自分勝手です。 「自分が食べられればいい、自分がよければいい」と、そのことだけを考えています。だから結局いつまでも満たされないのです。 結局、「一つの食べ物をみんなで分けて食べよう」、などと考えたり、「自分が自分が…という姿がいかに醜いものであるか」、ということが分かるまで、この世界から抜け出ることはできません。 餓鬼地獄の住人の姿も、結局はその住人の心が姿として現れています。だから醜い姿になっているのです。

 これが、餓鬼地獄の様相です。「欲しい欲しい…」という思いが強くなり、「自分が自分が…」としか考えられなかった人の世界である、と仏教では教えています。 生きていく上で戒めになるであろうと思います。

 人間には『我』というものがあります。「自分さえ良ければいい」というわがままな心です。やはりこれは抑えなければなりません。 このことを『我を矯める』と言います。そうした「道を外れた心を正す」、という意味です。自分が自分が…という思いが強くなってきたと思ったら、餓鬼地獄のことを思い起こしてください。 そしてその時に、地獄に住む人の醜い姿は、その人の心そのものである、ということも思い起こしてください。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第0号〜第50号に戻る
 

バックナンバー
第0号〜第50号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/02/23 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved