学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第41号


☆光と闇の関係
 以前読んだ本に『光は闇を消すことができるけれども、闇は光を消し去ることはできない』というくだりがありました。 確かに、真っ暗闇の部屋にパッと電灯をつけると、闇は一瞬のうちに消えてしまいます。 その反面、光っているものに覆いをして光が届かないようにすることはできても、闇という実体が押し寄せてきて、光を覆ってその光を通さないようにしてしまうということは、不可能なことです。

 光とは実際の光という意味もありますが、積極的な思い、行動を指します。何かことを起こすときの勇気、元気、強気、やる気と置きかえてもいいかも知れません。 それに反して闇とは、そうしたことの反対の思い、やる気のなさとか、弱気、不幸感覚、逃げ、言い訳と言った消極的な思いです。

 つまり、『光は闇を消すことができるけれども、闇は光を消し去ることはできない』は、積極的な思いこそ、消極的な思いを消し去ることができるのであって、 消極的な思いが積極的な思いの邪魔をしているわけではない。と読み替えることができると思います。 だから、やる気がない、だらけた気持ちでいるときは、闇が攻めているのではなく、光が足りないのだ、と自覚すべきです。光を増やせば闇は消えます。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第0号〜第50号に戻る
 

バックナンバー
第0号〜第50号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/03/05 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved