学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第53号


☆有用な人材とは
 世の中で役に立つ、有用な人材とは、必ずしも優秀な人間という意味ではありません。 もちろん、様々な分野において優秀であることは大切であろうし、そうありたいわけですが、有用な人材になるためには、ただ一つの分野で優秀であるだけでは不十分なのです。

 よく自分の専門分野を井戸で例えて話をすることがあります。君たちも将来、得意分野あるいは専門分野を一つは持つことになるでしょう。 そのとき、「一本の井戸が掘れた」と、このような使い方をします。当然一本も井戸がないなどというのは、論外なのですが、有用な人材であるためには、一本の井戸ではだめであると言われています。 自分の専門以外にもう一つ、別の得意分野が必要であるというのです。つまり、井戸は二本持つことが必要だというのです。

 これからの時代、一つくらい得意な分野があるのは当たりまえのことです。その中にあって、他の人との差別化をするには、さらにもう一つ優れた部分が必要だということです。 そろそろ一本目の井戸を掘り始めている人もいるようですので、あえて「一本ではだめ、もう一本必要なのだ」ということを述べておきます。 例えば、自分が経済の専門家であったとしても、その経済以外の分野、何でも構わないと思いますが、もう一つ何か得意な専門が必要である、ということです。これは、絵が得意なだけで漫画家になれないのと同じです。 絵が得意であるというその得意分野を活かすためにも、それ以外の知識や能力がぜひとも必要なわけです。

 そうした二本の井戸を持つ人こそが、有用な人材となるための前提です。 君たちが社会に出るのは今しばらく先です、いざ社会に出るときのために、「自分の得意分野はこれ。でも、もう一つ勉強し、掘り下げるとすればこれ…」といった具合に、 意識して考えておくことは必要かも知れません。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第51号〜第80号に戻る
 

バックナンバー
第51号〜第80号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/04/12 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved