学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第58号


☆『自分がかわいそうだ』という思いに未来はない
 「テストの点数が悪かったから自分は不幸なのだ」、「あの事件さえなければ、うまくいったはずなのなのに」などと、できなかったこと、失敗したことを他のもののせいにする人がいます。 そうした人は、何でも「あれさえなければ」、「こうであれば」などと言い訳めいたことを言います。 こうした言葉は、「自分がかわいそうだ。憐れだ」という感情から発生しています。このことを難しい言葉で『自己憐憫』と言います。簡単に言えば、『自分がかわいそうだ』と思う気持ちのことを言います。

 そうした人は、他人から愛を与えられないので、一生懸命自分で自分に愛を与えているのです。しかし、そうして自分に肥料を与えているつもりで、実はその肥料の中には毒素が混ざっているのです。 ですから、与え続けると草花はいずれ枯れてゆきます。自己憐憫は、その人のまっすぐな心を育ててゆく、という意味においての毒素であると言われています。

 何かきっかけを見つけては、自分をかわいそうな立場に追いやり、悲劇の主人公にまつり上げて、その傷口をなめている…こうした傾向のある人は、 『自分がかわいそうだ、と思う気持ちには発展も未来もない』ということを知るべきです。そんなに人間は弱くないのです。自分から「弱いですよ」などと宣言する必要はありません。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第51号〜第80号に戻る
 

バックナンバー
第51号〜第80号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/04/30 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved