学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第60号


☆最近感動してますか?
 毎日を何となく過ごしてしまうと、新しい発見も感動ないままに、どんどん月日が過ぎてしまうものです。 しかし毎日毎日が感動の日々であると、朝起きるのが楽しくなりますし、人生が充実するのだろうと思います。 ところが、つい毎日を同じように過ごしてしまうと、感動も新たな発見もなく、気がついたら何年も経っていた、なんてことは起こりうることなのです。 何ヶ月も、何年も感動することなく生きることは、むなしいことだと思います。

 そう考えると、一日何かしらの発見、感動するものが見つかればいいわけです。しかし、ただなんとなく生活していると、そうした事がらを見つけることは難しいものです。 受け身の立場だけで生活していても感動を発見することはできないからです。 つまり、今日一日、感動したことを見つけることができなかった人は、日々の生活が単調であるばかりではなく、「今日一日新しい発見はないだろうか」という気持ちが非常に少なかったのだろうと思います。

 以前『明日、人生が終わるとしたとき、自分の人生を振り返って涙しない人間はいないはずだ』ということを聞いたことがあります。 明日夜が明けたら人生がおしまい、という状況になったとき、人間誰もが自分の人生の通信簿の出来の悪さに涙を流すのだというのです。 毎日生きていると当たり前と思ってしまう人生ですが、日々発見や感動の連続であれば、もっとわくわくする楽しいものになるだろうと思います。

 そうした人生を生きた人にとって、もはや涙を流すことはないでしょう。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第51号〜第80号に戻る
 

バックナンバー
第51号〜第80号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/05/11 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved