学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第66号


☆自己限定をはぜせ
 「自分の能力はこんなものだ」と決めつけてしまうことを『自己限定』といいます。 実は何をするにもこの『自己限定』というものがくせ者で、この『自己限定』の枠の中にとどまっていると、それ以上の進歩が得られないものなのです。

 活躍しているオリンピック選手たちは、おそらく何度となくこの『自己限定』の壁を越えているはずです。 「おれの力はこんなものだ。このくらいでしかないのだ」というような消極的な態度で、オリンピックに出場することは不可能だからです。

 オリンピック選手というと、遠い存在のように思われるかも知れませんが、このことは、君たちが普段頑張っている部活動や勉強でも同じことが言えます。 「自分の運動能力はこのくらいだ。いくら練習したって、これ以上はもう無理だ」、とか「いくら勉強したって覚えられないし、成績が上がらない。自分は頭が悪いんだ」、 などと考えてしまうことそのものが『自己限定』なのです。思い起こしてみると、けっこう『自己限定』していることに気づくでしょう。

 そうした自分の枠に気づいたならば、それを乗り越えることに努力を払うべきです。このことを「自己限定をはずす」と言います。 だから自分自身の能力に限界を感じたときは、「本当はもっともっと力を発揮できるんだ。あとちょっとの努力が足りなくて、結果が出てこないだけなんだ」と考えるべきです。 「これはまだまだ本来の自分の力ではない。まだまだ力は出し切っていない」。 そう思い続ける姿勢にこそ、『自己限定』がはずれてゆきます。世の中の成功者たちは、多かれ少なかれ自己限定をはずしているはずです。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第51号〜第80号に戻る
 

バックナンバー
第51号〜第80号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/06/04 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved