学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第68号


☆自己を見つめる時間
 果たして君たちは一日のうちで、『自分自身を見つめる時間』があるでしょうか。 自分自身を見つめるとは、「一日を振り返り、今日あった出来事や感じたこと、考えたことをよくよく思い起こし、深く自分自身を見つめ直す」ことを言います。 静寂の中で、心の奥底を見つめることで、自分自身を知り、そして自分に関わるまわりの人々を知りることができます。

 とかく時間に追われがちの生活の中で、こうした静かな時間に自分を振り返る時間をもつということは、とても大切なことです。 こうした『自己を見つめる時間』があればこそ、世の中に流されてしまうという生活とは無縁になるはずです。 なぜなら、冷静な目でまわりを見る習慣がつけば、何かを判断しなければならない時に、あまりにはずれた判断をすることがなくなるからです。

 一日の中で、寝る前のほんのひとときでいいですから、今日の出来事(学校生活のことでも趣味の世界のことでも部活のことでも何でもいいのです)を冷静な目で振り返ってみることを勧めます。 ラジオやテレビは消して、静かな時間を確保してみましょう。きっと、新しい発見があるはずです。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第51号〜第80号に戻る
 

バックナンバー
第51号〜第80号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/06/11 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved