学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第70号


☆時間の使い方
 勉強には絶対的に必要な時間はありますが、それに増して大切なのが、密度の濃い時間です。 簡単に言えば、だらだらと長く勉強するよりも、時間は短いけれども、集中して勉強した方が、身につくし成果があがるのです。 何も試験前に「勉強時間を減らしなさい」というのではありません。実は、現在運動系の部活動では、新人戦や市民大会の真っ盛りで、明日あるいは明後日に大切な公式戦がある部が多いです。 しかし、一方では試験の直前でもあります。だから、究極には勉強をとらなければならないだろうけど、君たちとしては、どちらも大切。両方とも手抜きをすることができないわけです。

 ここで大切なのは、『少ない時間をいかに活用するか』、ということです。「自分の使える時間はこれだけしかない。ならば、どうする?」ということが問われているわけです。

 君たちも知っているように、昔から文武両道と言って、勉強もスポーツも一生懸命やることが目標になっています。 しかし、この文武両道ができている人は、必ずや時間の使い方が上手なのです。自分に与えられた時間を有効に活用し、その中で、最大限の努力をしています。

 だから試合のある人は、「部活で忙しくて、勉強どころではなかった」とか、「試合で疲れて勉強できなかった」などという一切の言い訳をしてはいけません。 たとえ心の中でそう感じたとしても、そう思う気持ち自体も排除しなければなりません。そして時間の使い方名人になることを期待しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第51号〜第80号に戻る
 

バックナンバー
第51号〜第80号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/06/18 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved