学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第76号


☆続・どこに言葉を刻むか
 『言葉をどこに刻むかで心の動揺はまったく違ったものになる。 もし悪い言葉を常に石に刻むように聞いているのであれば、砂や水に刻む方法もあるのだということも知って欲しい』(本誌00号)と話をしたことがあります。 しかしこれはなかなか難しいことです。なぜなら言葉には力があるからです。

 もっと詳しく言えば、言葉の中には、何かを生み出す創造性がこもっているからです。言葉を発するのは人間です。 だから、言葉には、その人の心の状態が否応なしに含まれてしまうのです。たとえ直接的でないにせよ、言葉にはそうした目に見えないパワーが潜んでいます。 だからこそ、明るく発展的な言葉を聞けば元気になるし、暗く否定的な言葉を聞くと、気持ちまでは萎えてしまうのです。

 そうした言葉に含まれる力のために、人は心を揺さぶられるわけで、「その影響を最小限に抑えるために、水に刻む努力をする、という方法もありますよ」と紹介したわけです。 そのためは『あっさりとした性格、一つのことがらに対して深く悩むことをしない』、ということが大切です。 言葉にマイナスの力があると思われた場合は、その言葉をまともに受けないように、のらりくらいとよけてしまうわけです。 悪口などを聞かされて、心の波が大きく揺れてしまう人は、この『のらりくらり』を心がけてみるといいでしょう。いつしか、水面にマイナスの言葉を刻んでいる自分に気づくでしょう。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第51号〜第80号に戻る
 

バックナンバー
第51号〜第80号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/07/09 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved