学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第78号


☆原因・結果の法則
 今日、一学期が終わりましたが、その結果を考えても、満足ゆく結果であれば、それに見合う原因がありますし、不本意な結果であれば、やはり必ずその原因があるのです。 風邪をひく(結果)には必ずその原因となることがありますし、忘れ物をするにしても、遅刻をするにしても、作品の出来不出来についても、部活の試合の結果にしても、 世の中のありとあらゆる事がらには、必ずその原因があります。

 また、花はその種や球根から咲きます。球根が原因で花は結果です。でも、球根だけでは花は咲かきません。 温度・土質・水分・肥料・日光・人間の手入れなど、さまざまな条件が球根に働いて花は咲くのです。こうした条件を『縁』といいます。

 つまり、因(原因)と縁(条件)によって結果が生じるわけで、このことを『因縁生起』、略して『縁起』と言います。 この『縁起』は、よく「縁起がいい」とか「縁起が悪い」などという使い方をしますが、もともとは、こうした「原因、条件によって生じる結果」という意味です。 原因と条件を合わせて『因縁』とも言います。この言葉もあまりいい使い方をされませんが、本来はこうした意味が始まりです。

 よい結果が出るためには、良い因縁が必要なわけで、これを簡単に言うならば、「原因・結果の法則」ということになります。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第51号〜第80号に戻る
 

バックナンバー
第51号〜第80号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/07/20 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved