学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第83号


☆考える力を養おう
 授業中にふと気がつくことがあります。それは、「あいつは聞いていないな」とか「あいつは授業のことを考えていないな」ということ。 別におしゃべりをしているからでも、関係ないことをやっているからでもありません。 たとえ鉛筆を持ってノートを写していようが、その人からわき上がってくる雰囲気で、先生にとっては手に取るように分かってしまうのです。 でも多くの先生はあまり注意をしないのではないかと思います。それは、どちらかというと、隣の席の人としゃべっている人、うとうととしている人が目立ってしまうからです。

 しかし、君たちの将来を考えて、本当に注意すべきは、聞いているようで聞いていない、考えているふりはしているけど考えていない、といったそうした人たちであろうと思います。 このような人は、人間が本来備わっている能力である、自ら考えることを拒否しているわけです。これは恐ろしいことです。人間が人間であること否定していることになるからです。

 改めて言うまでもなく、人間にとって「ものごとを考える」ということは、とても大切なことです。そればかりか生きていくために、なくてならない条件であろうと思います。 さまざまな場面で悩み、苦しみを経験するときにも、新たな発想を生み出すときにも、『考える』ということが、その基本となります。 もしかしたら、君たちの中には、「考えないことのなんてありえない!」と言う人もいるかもしれませんが、ここで言っている『考える』とは、「より深く考える」という意味を言います。 だから、「今日家に帰ったらゲームしよう」とか、「今日のお昼はパンにしよう」などは、考えたことにならないのです。これは単に思いつきにすぎません。 そうではなくて、あたかも将棋で相手の手を読み、その次、そしてさらに次の手を読むように、奥深くものごとを考えることが大切なのです。 だから、思いつきではなく、この場合はどうなるだろうか、また別の場合はどうなるだろうか、その時の良いところはなんだろうか、良くないところは、等々思いを巡らせることが必要なのです。

 今、学校で学んでいる勉強は、ある意味ではこの『考える』という力を養うための、材料を集めているとも言えます。 だから今現在、あまりものごとを考えられない人であっても、ある程度の材料がたまれば、いつしか考えられるようになるでしょう。 しかも考える力は訓練で培われることを忘れていけません。まずは授業中、思うに今の君たちのとって、これが最も有効な訓練の場となるでしょう。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第81号〜第110号に戻る
 

バックナンバー
第81号〜第110号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/09/10 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved