学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第85号


☆リーダーの心得
 ある大学の運動部の話。部長であったある選手が苦しい走り込み練習の後に、「あ〜、疲れた。もう大変。つれぇー練習だった。もうダメ。もう大変、疲れたぁ」、言いました。 彼は、運動能力も高く、強い精神力も持っていた将来を期待されている選手で、この日の走り込みも練習も当然一番先頭で帰ってきました。 しかし、第二、第三と次々と練習を終えた選手が戻ってきた時、このような発言をしたのです。

 これを聞いた先生は、すぐさま部長をクビにしました。つまり解任です。本人はしばらくの間、何故なのか分からなかったようですが、これには理由があります。

 『どんなにつらい練習であっても、苦しくても、終わったときに、リーダー的な存在であるお前が、大変だった、つらかったと連発すれば、他のメンバー、後輩たちはどう思うのだ。 運動能力にも優れたお前が、つらい、大変だと言えば、他のメンバーはもっと大変なんだ、苦しいのだ、ということだけを考えてしまうだろうし、 あの人が言うくらいだから、やっぱり大変な練習だったのだ、と逃げの姿勢になってしまうだろう。だから、たとえ大変な練習であっても、その練習の後に、 「つらかったけれども、でも良い練習だった」と言うべきなのだ。それがリーダーの心得なのだ。その一言がチームを作り、信頼を確立することになるのだ。それがなぜ言えない。言えない人間にリーダーの資格はない。だからお前は部長としては失格である』

 私は日曜日に聞いた講演でこんな話を聞き、改めてリーダーの大切さを痛感しました。

 君たちの中でも、部活のリーダーは多いでしょう。何かのおりに思い出してみてください。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第81号〜第110号に戻る
 

バックナンバー
第81号〜第110号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/09/17 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved