学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第91号


☆忍耐強くなる方法
 先日読んだ本に、『忍耐強くなる方法』が書かれていました。君たちにも参考になると思いますので、紹介したいと思います。

 「忍耐強くなりたい」と考えている人は、たいていは短気であることが多いように思います。そうした『短気な性格の人は、完全主義的な傾向を持っていて、非常に神経質である』のです。 しかも、そうした厳格さや完全主義を自分に対して求めるだけでなく、他の人に対しても求めてしまうのです。そのために、気が短くなり、腹が立ってカッカするのです。 こういう人は、まず『自分もそれほど完全な人間ではない』ことを知ることが大切で、本当は、「自分で完璧になりたい」と思っているだけなのに、 「自分は完璧だ」と錯覚しているだけだ、と自覚すべきだと書かれていました。だから、『自分自身を振り返り、完全な人間でないことを知り、他人に優しくなることが大切』なのだそうです。

 第二点として、『教養を身につける』ことが強調されていました。『教養のある人は短気ではありません。 「自分は短気だけれども、教養はある」と思っている人もいるでしょうが、本当に教養のある人は短気ではない』のだそうです。 なぜ、教養ある人が短気になれないかというと、自分と相手の間に教養の差があった場合は、言い争いができなくなるからなのです。 そう言えば、兄弟でも、あまりに年齢が離れてしまうと、何かあっても、けんかをするこが馬鹿らしくなって、けんかをする気が起こらなくなるのも、この教養の差なのでしょう。

 第一に、「自分は完璧でない」と思うこと、第二に「教養を身につけること」。なるほど、これで短気でなくなり、忍耐強くなれそうな気がしてきます。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第81号〜第110号に戻る
 

バックナンバー
第81号〜第110号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/10/15 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved