学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第93号


☆自分の学校に誇りを持っていますか
 国民の多くが、「この国は悪くなる。日本はとんでもない悪い国だ。住んでいるのだって嫌だ」と思えば、国は衰退してゆきます。これは真実です。 逆に、「自分は日本に生まれてよかった。いい国だと思う。 自分は日本のために、何か役立つことをしてみたい」と多くの人が思っていると、日本という国は、どんどん発展して、世界中から尊敬されるような国になるのです。こ れは、「国民がどんな方向に向かっているか」で決まります。 人々が、夢や希望あふれる未来を信じていれば発展し、暗く、不満や人のせいばかりをしてい、個人の努力をないがしろにしていると、国は落ちてゆくのです。

 こうしたことは、国レベルのみならず、いろいろな組織でも同じことが言えます。例えば、学校。君たちはこの中学校に入学しました。 この学校を君たちがどう考えるか、ということが非常に大切になってきます。生徒たちが、愚痴や不平不満ややる気のなさにあふれていると、学校は衰退してゆきます。 逆に、自分の学校に誇りを持ち、みんなが目を輝かせ、やる気満々。楽しく充実した学校生活だ、と考える人が多くなると、学校自体が活気が出てきて、ますます発展してゆくのです。 自分の学校に誇りを持ち、愛する心を『愛校心』と言います。

 君たちの多くが、『愛校心』を持ち、日々充実した中学校生活を送ることを切に希望します。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第81号〜第110号に戻る
 

バックナンバー
第81号〜第110号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/10/22 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved