学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第101号


☆一日一生
 一日一生という言葉を聞いたことがありますか。

 簡単に言えば、「一日が一生のつもりで、大切に生活しましょう。」という意味です。 もとは「一日の苦労は一日にて足れり。明日のことを思い煩うことなかれ。」(今日の苦労は、今日で終わりだと思って、明日のことを悩まないこと)という聖書のなかのイエス・キリストの言葉からきています。

 しかし、この言葉は、キリスト教だけでなく、のちに広く使われるようになりました。

 「一日の枠を一生だと思って生きてゆく」ことが大切ですよ、と言っている言葉です。

 宿題でも今日やらないと、明日、明後日にたまって、ほかの宿題と一緒になってやり遂げるのに苦労してしますね。 これと同じように、一日にあったよくない出来事も、毎日毎日ほったらかしにしてしまうと、なかなか精算するのが大変なのです。 そのため、一日一生で、一日が終わったときに、今日一日の思いと行いを省みて、間違った点がなかったか、もっとがんばれることはなかったか、などを思いめぐらしてみよう、というわけです。

 つまり、「惰性で何となく毎日を過ごしてはいけませんよ。一日の出来事は、その日のうちに精算しておきましょう」、と説いている言葉です。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第81号〜第110号に戻る
 

バックナンバー
第81号〜第110号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/11/19 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2005 Saburo Tanzawa All Rights Reserved