学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第104号


☆他人の成功を素直に喜ぶ気持ち
 二宮金次郎の有名なエピソード。

 彼が若い頃、隣の家に鍬を借りに言ったところ、「自分の畑を耕すので貸せない。」と断られました。そこで、「それでは、仕事が終わったら貸してくれますか。」と尋ねたところ、「いつまでかかるか分からない」とまたしても断られました。簡単な話、隣の家の男は、けちで貸してくれなかったわけです。

 しかしそれでもひるまなかった金次郎は、「私があなたの畑を耕してあげます。種をまいてあげます。そのあと貸してください。」という条件を出しました。すると男は喜んで鍬を貸してくれたそうです。

 この話は、人に何かしてもらおうと思ったら、まず自分が相手が喜ぶことをすることが大切だ、ということを語っています。しかしそれはもっと純粋な気持ちであって欲しいのです。相手に何かをしてもらいたいから、ギブアンドテイクで優しい言葉をかけたり、相手の喜ぶことをするのではなく、相手が喜ぶと自分もうれしい、相手の成功を素直に喜ぶという気持ちが大切であろうと思います。

 とかく、人間は他人をうらやんだり、ねたんだりしがちですが、人間は本来そうした生き物ではありません。もっともっと優しく美しいものです。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第81号〜第110号に戻る
 

バックナンバー
第81号〜第110号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/11/29 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved