学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第107号


☆悪口ははね返ってくる
 よく言葉は生き物だと言われます。人を生かすことも、傷つけることもできれば、自分を生かすことも、傷つけることもできるのです。 また、口から発せられた言葉が、一人歩きをして、いろいろな良い仕事をすることもあります。また逆に悪い仕事をすることもあります。 今日は、言葉の中でも、『悪口』という言葉に注目して話をしてみたいと思います。

 君たちは、普段からよく人の悪口を言っています。もちろん君たちに限らず、実は人間は、いろいろな場で、気づいていてながらあるいはまた、無意識のうちに人の悪口を言い続けています。 そうした悪口は、やはり一人歩きし、いろいろな人を傷つけたり、怒らせたり、失望させたり、あるいは、逆に励ましたり、奮い立たせたりします。 しかし、圧倒的に多いのははやり傷つけてしまうことでしょう。 ですから、「悪口は、ほとんどの場合人を傷つける」ことをよくよく自覚して、注意して言葉を発するべきです。悪口でなくても、人を傷つけてしまうことも山ほどあるのです。

 もう一つ注意すべき点は、「いつも陽気で楽しそうで、成功している雰囲気をただよわせている人に悪口を言うと、それが自分にはね返ってくる」ということです。 あたかも鏡のように、その悪口は、自分に戻ってくるのです。周りの人も「あの人に恨みでもあるのかな」と思いますし、「ひがんでるだけなのではないか」とも思われてしまいます。

 つまり、はね返ってこない悪口は、相手を傷つけ、はね返ってくる悪口は、自分自身を傷つけることになります。 先程述べた、悪口が人を生かすのは、その悪口の背景に『愛』がある場合であって、そうした気持ちで発せられた言葉は、本来悪口と呼ぶべきものではないのです。 そう考えると、『悪口』は多くを傷つける、刃物であることがわかります。気をつけましょう。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第81号〜第110号に戻る
 

バックナンバー
第81号〜第110号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/12/10 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved