学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第110号


☆人を呪わば穴二つ
 いきなり物騒な言葉を紹介しますが、世の中でみんなが平和に暮らしてゆこうとするとき、この言葉の意味を良く理解していることがとても大切です。言葉の意味のもとは、「人の死を念じて呪いをかけたら、自分の墓穴まで準備されていた」ということですが、要するに「他人の不幸を願う者は、自分も不幸になること」です。

 「他人を恨んだりすれば、同じ恨みを受ける。憎めば、同じように憎まれる。悪く思えば、同じように悪く思われる。直接の相手でなくても、結局は巡りめぐって、自分も同じ境遇になるものだ」、といましめているのです。

 また、他の人をうらやんでも、はやり同じです。自分は幸福になれません。うらやむことで、目標の対象ではなく、蹴落とそうという気持ちと、他人の成功を祝福できない狭い心が、成功という道を阻むからです。

 この言葉は、どちらかというと消極的な言葉です。しかし、他人を嫉妬したり、不幸を願ったりすることをすれば、自分は決して成功することなく、不幸になるのです。意識的にも、無意識的にも、こうした思いが、心からわいて出ないようにしたいものです。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第81号〜第110号に戻る
 

バックナンバー
第81号〜第110号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2004/12/20 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved