学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第113号


☆One for all and all for one
 『One for all All for one』という言葉、これは「一人はみんなのために。みんなは一人のために」という意味です。人間は一人で生きているわけではありません。 学校という例を考えても、同じ学校、同じ学年、同じクラス、同じ班…などなど、一人一人は何らかの集団の中で生活しているものです。 そのなかで、「みんなが一人のために力を尽くす」ということは、大切なことですが、なかなかできるわけではありません。 でも、本当に信頼できるグループであった場合は、自然に一人のために、みんなで力を出し合うことができるはずです。 逆にそうした信頼された集団であれば、もう一方の「一人がみんなのために力を注ぐ」ということも、自然にわき上がってくるのです。 しかも、一人ひとりが、自分の力を最大限に発揮する原動力も、自分だけの力なのではなく、「集団の中に自分がいる。 助けられている自分がいる。力をもらっている自分がいる」という思いかが湧き上がるのです。 ですから、「一人はみんなのために。みんなは一人のために」という言葉は、単に二つの文をつなげたわけではなく、 これらはお互いに関連し合って、あたかも、らせん状に巻きあがっているような言葉であると言えます。

 さらに、こうした『One for all All for one』で結ばれた集団は、非常に強く、何があっても関係が壊れることがないのだと思います。 そのためこの言葉は、よくチームプレーが必要なスポーツの世界で使われます。そんなチームのメンバーはおそらく一生の友達であり続けることでしょう。

 クラスも学校も、そんな集団でありたいものです。力を合わせて、クラス、学年そして学校を作り上げてゆきましょう。一人はみんなのために。そして、みんなは一人のために…。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第111号〜第140号に戻る
 

バックナンバー
第111号〜第140号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/22 リニューアル
2005/01/21 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved