学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第124号


☆すべてを師とする
 人間には学びたいという本能があります。君たちも、もっと小さかった頃、親や大人に「あれなあに? これなあに?」と質問攻めにしていたはずです。 それが、いつしか、「勉強することは、つらいこと、大変なこと、嫌なこと、できれば避けたいこと、やめたいこと」という具合に、学ぶということと反対の方向に進んできてしまいました。なぜでしょう。

 もっと、心を純粋に、あまり構えないで生活してみませんか。 世の中のもの、いろいろなもの、難しい言葉で森羅万象(しんらばんしょう:すべてのもの)と言いますが、こうした中に、必ず学びの糧(かて)があります。不思議があります。 疑問となることがあります。本来、学問とは未知なるものの探求です。分からないことを調べ、考え、まとめあげることです。これは本来楽しいことです。 実は本当は、世の中のもの、すべてが自分にとっては教材であり、先生であり、師であるのです。

 また、自分以外の人からの学ぶ点も数多くあります。 中には、「自分以外に学ぶべきものはない」、「自分の考え以外に最高の考えはない」という人もいるようですが、これでは向上はありませんし、待っているのは孤独だけです。 『自分以外の中に優れたものがあったら、学んでいこう』と思っている人にとっては、優れた人が世の中に多いということは、それだけ先生が多いということ、それだけ教材が多いということになるのです。

 こうした『すべてを師とする』という考え方には、無限の発展があります。常に向上し続けるパワーが生まれます。 このパワーこそが、人間が強くたくましく生きて行く力であり、その原動力なのです。毎日毎日が疑問の探求、学びの連続でありたいものです。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第111号〜第140号に戻る
 

バックナンバー
第111号〜第140号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/23 リニューアル
2005/04/04 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved