学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第130号


☆まごころを込めて
 ずいぶん前に、商売が繁盛している薬屋さんの話を聞いたことがあります。薬屋さんと言っても、町の薬局と少し違います。自分で薬を調合しているようなお店です。 その薬屋さんはつねづね「うちの薬はよく効くんです」と言っていました。でもその言葉は、商売上の宣伝ではありません。 「なぜなら、私どもの薬屋では、心をこめて、まごころ込めて薬を調合しています。だから非常によく効くんです」というのです。 その話を聞いて、なるほど…と納得できました。単なる機械的な作業ではなく、「この薬を飲む人の病気がはやくよくなりますように。そして幸せになりますように」と、 本当に心を込めて調合している薬ならば、その効果は絶大だろう、と思ったからです。

 こうした一見非科学的に思えることでも、実際には大きな影響を与えることはよくあります。それはきっと、人間社会の中で『心』というものの占める割合が大きいものだからだと思います。

 B組の特別清掃区域は一階の男子トイレです。毎日ここをきれいに掃除してもらっています。 この春新設されたトイレですし、まだまだピカピカのトイレですから、掃除も念入りに、床から何からすべてを雑巾で水拭きしています。そんなときも、心を込めて、 「いつもピカピカのトイレはみんなが喜ぶし、使っていても気持ちがいい」と思いながら拭くのと、「汚いなぁ、いやだなぁ」と思いながら拭くのでは、その仕上がりは違います。 「みんなが気持ちよく使ってもらえるトイレにしたい」と思えば、使う人にもその気持ちが伝わり、これから先、ずっときれいなままのトイレであり続けるのです。 まごころを込めて仕事をすると、その仕事は予想を遙かに上回る大きな仕事をします。そしてそのこと自体が、幸福の種をまき続けていることにもなるのです。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第111号〜第140号に戻る
 

バックナンバー
第111号〜第140号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/23 リニューアル
2005/05/09 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved