学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第133号


☆十五歳ということ
 十五歳。今も昔も、心も体も大人になり始める節目です。

 例えば、古代中国の思想家、孔子は老年になって生涯を振り返り、「吾、十有五にして学に志す」(私は十五歳の時、学問に志した。『論語』)と人生の原点を述べました。 このことから十五歳のことを『志学』というようになっています。これは中国の話ですが、こうした人生観は江戸時代以降の日本人にも影響を与えました。

 日本では、十五歳くらいになると『元服』といって、髪型や服装を大人ものに改め、以後は一人前の成人として扱われました。女子も同じ頃に『髪上』といって、それまで垂らしていた髪を束ねて結い上げました。

 現代でも十五歳から、役所への届け出など法律行為ができるようになっています。義務教育も中学校で終わり、薬の説明書を見ても、十五歳から大人あつかい…。

 というわけで、まだまだ親の責任が大きいけれども、魂が独り立ちして、自分の『自由と責任』によって人生が本格的に始まるのが、やはり十五歳。

 そう考えると、中学校の中で最高学年としての君たちにとって、この十五歳を迎えるということは、とても大切であることがわかります。 ただ単に、「誕生日だから親や家族にお祝いをしてもらおう」とではだめです。『精神的な自立』というものを自覚し、自分自身を見つめるいい機会です。 ですから子供であり大人であり、大人であり子供であり…と中途半端な年頃でもありますが、日々着実に進歩していくことが大事です。 勉強しなくて、強制的に勉強させられたり、だらしなく過ごしていて身だしなみで注意されているようでは、十五歳として合格点をあげられません。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第111号〜第140号に戻る
 

バックナンバー
第111号〜第140号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/23 リニューアル
2005/05/30 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved