学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第134号


☆その人が思っていることが…
 
『その人が思っていることが、すなわちその人自身である』という言葉があります。これはローマの賢帝といわれたマルクス・アウレリウス(121-180) がその著書『自省緑』で語ったものです。 つまり、「始終、心の中に思っていることが、その人自身を示すものであり、単に外見や肩書き、人からの賞賛によって、その人物が示されるものではない」というわけです。確かにそのとおりです。 人間いくら着飾ったところ、心の中が黒くくすんでいれば、よくよくつき合ってみれば、それは魅力ある人とは言えないわけです。

 その後、十九世紀になって、アメリカの思想家エマソン(1803-1882)がこの言葉を使い、またさらに有名な言葉として人々に知られるようになりました。 「心の中に思っていること」すなわち、普段の生活の中での『思い』のことです。君たちは一日を振り返ってどんな思いを持っていますか。 ほとんどの人は、「思う」ということを考えたこともないのではないでしょうか。 たいていは、とりとめもない考えが右から左へと頭をよぎって、「お昼はまだかな」、「この先生おもしろいしゃべり方するな」、「もう眠たくなっちゃったな」などなど、 これらは本当の意味での「思い」ではないのです。積極的に思うことをしていないからです。

 また、いろいろ悩みごとや心配ごとがある人は、別の意味で一つのことについて「思い続けている」ということもあるでしょう。 しかし、一日のうちで、目が覚めている約十六時間ものあいだ、常に思いが一つのことに止まってしまっているというのは、いかにももったいない話です。

 とりとめもなく感じたことも「思い」ではない、一つのことで止まってしまう「思い」も良くない、と述べましたが、それでは結局この「思い」とは何でしょうか。 それは、思いを正す、『正しい思い』ということなのです。

 一日を振り返ったときに、「自分はどんな思いで一日を過ごしたか。ただ何も考えずに過ごしてしまわなかったか。 激しい感情の起伏にのまれて、醜い思いをしなかったか。あるいは、一つのことがらばかりを考えて、思い詰めて思いのほとんどを消費してしまわなかったか」。 思いが人を形作っているのならば、思いのチェックをすべきです。そうした積み重ねが、立派な人間、すばらしい人間、真に賞賛される人間へのステップとなります。 言動を正す段階の上の段階として、『思いを正す』という視点もあるということを知っておいてください。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第111号〜第140号に戻る
 

バックナンバー
第111号〜第140号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/23 リニューアル
2005/06/06 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved