学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第137号


☆学びの生活
 時まさに期末考査の真っ最中です。学生時代は、「何で試験なんてあるんだろう」などと思い、いやいや勉強するものですから、なかなか思うような成果が得られないのが普通です。 しかし、そうした苦い?経験を通して、『どんな風に勉強するのが効率が良いか。どう勉強すると成果が上がるのか』などを学びます。人は一生が勉強の連続ですから、こうした体験はこの先とても役に立ちます。

 合わせて、勉強している内容についても話をしておきます。君たちは今、そしてこれから一生にわたって新たな『知識』を次々と吸収しながら成長していきます。 本来人間は、『知らないことを学びたい。知識を得たい。分からないことが分かるようになりたい』という性質を持っています。 それが、人間と他の動物の大きな違いです。得られた知識は人類の進歩、発展に役立ってきました。 幾十世紀あるいはそれ以上の年月を、人類は連綿として生きてきたのに、過去の蓄積の中から学ぶことなく、思考錯誤の生き方をするのみであっては、進歩はまったくないことになります。 これが『学び』というものの必要性です。

 では、何を学ぶのでしょうか。それは『優れたもの』を学ぶのです。『現在の自分が持っていないもの』を学ぶのです。 そして、『他の多くの人々の生き方を見て、観察によって』学ぶのです。そうした中で知識を得ます。そして知識を得るということは、「転ばぬ先の杖」を得ることです。 つまり、目の前にある落とし穴を知ること、みすみすそうした穴に転落しないための方法、知恵でもあります。

 君たちの中には、「こんなこと勉強して役に立つのだろうか、何になるのだろうか」と思いながら勉強している人もいるでしょう。 しかし、学ぶことによって、知識を得ることによって、「どんどん成長していくのだ。人間の土台を作っているのだ。大きな支柱を立てているのだ」そう考えることを勧めます。

 ですから試験中、試験前に限らず、日々に学んでください。日々新たな知識を学んでいる人は、その姿を見れば、顔を見れば、分かります。 日々少しずつでも努力・精進しているならば、そのような風格が、雰囲気が現れてくるからです。 一方、三日も本を読まず学びをしなければ、その顔を見ただけで、顔つきが変わってくるのがわかります。 大人でも子どもでもそうです。顔つきがどんどん悪くなってくるのです。恐ろしいことです。学びというのは、精神にも刻印されるものです。 そうした内面に刻みこまれたものは、必ず外面にも現れるものです。隠すことはできません。

 さぁ、勇気を振りしぼってもう一踏ん張り、試験勉強をしましょう。そして試験が終わったら、さらにさらに学びを深めるべく、いろいろな知識を吸収して大きな人間になりましょう。 何も学びの場は教室での勉強だけではありません。日常の中すべてにそうしたものは転がっています。多くの人が気づかないで通りすぎているだけです。そこにもここにもあります。 さぁ…いざ学びを習慣とする生活へ!

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第111号〜第140号に戻る
 

バックナンバー
第111号〜第140号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/23 リニューアル
2005/06/27 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved