学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第138号


☆一人で生きているつもりで…
 人は世の中のために生きることを求められています。「そんなことはない。私は自分のために生きている」と思う人もいるでしょうが、実はそうではないのです。

 君たちが食事をするときに、その食べ物をよく見てください。確かにお金を出して買い物をして調理したものでしょう。 その調理は誰がしたのですか。たとえ自分でしたとしても、包丁やまな板を作っている人がいます。鍋やフライパンを作っている人もいます。 もちろん、さまざまな食材も、誰かが育てたり、提供したものです。彼らが「自分のため」だけに生活していれば、人が使うことを前提として製品を作ることはないでしょう。 自分だけが使えればいいわけですから、人のために調理器具を提供する必要はなくなるのです。ところが、世の中はそうではないのです。 料理をするときにガスを使ったならば、そのガスを提供をしている会社があります。その会社には社員がいます。 電気だって、発電所から送電線を通って各家々に届きますが、電柱や電線も人がつくったものですし、発電所も発電するための施設も、すべて人が作ったものです。

 家だって、大勢の人の手を経て建てられたものです。建てたのは大工さんかも知れませんが、塗装をした人、内装をした人、そしてその原材料も、日本のみならず、さまざまな外国から運ばれてきたものでしょう。 つまりそれらを運んだ人もいるのです。木材なら輸入木が多くなっていますが、こうした木を切り出した人がいます。その木を間伐しながら何十年もかけて育てた人だっています。

 このように、私たちは、非常に多くの人の手によって、今の生活が成り立っていることがわかるでしょう。 ですから、時に「いちいち私のことに干渉しないでくれ。放っておいてくれ」などと思うことも、青春期によくあることですが、そんなときこそ、自分の周りをよく思いめぐらせてみてください。 自分一人で生きているつもりでいて、実は『自分は生かされているのだ。多くの人に支えられているのだ。』ということに気づくはずです。

 だからこそ、あなたも、自分だけのためではなく、世の中のために、人のために生きることが求められるのです。 世の中の多くの人が「世の中のために生きて」こそ、社会は成り立っているのです。あなたもそうした人の仲間入りをしなくてはなりません。

 人は世の中のために生きる存在です。その中でこそ自分を大切にすることが許されるのだと思います。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第111号〜第140号に戻る
 

バックナンバー
第111号〜第140号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/23 リニューアル
2005/07/04 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved