学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第139号


☆青年たちよ、学べ!
 中学三年としての、あるいは十代前半から後半にさしかかろうというこの時期、大切なことが三つあります。 それは、まず第一に『頭脳を鍛える』ということ。そして第二に『体力を鍛える』ということ。そして第三に『精神力を鍛える』ということです。

 運動部で部活を続けている人や、これからも続けようと思っている人は、第二の『体力』については、あまり問題がないかも知れません。 そうすると、君たちにとって特に大切なポイントは第一の『頭脳』と第三の『精神力』ということになるのでしょう。

 頭は鍛えると強くなります。生まれつき頭がいい…とか悪い…などと議論される場合もありますが、ほとんどの場合頭の良し悪しは後天的であると言われています。 頭の良し悪しは、「ここまで育ってきた環境の中で、どれだけ頭脳の訓練をしてきたか」、にかかっているのです。 また、自分は勉強は嫌いだ…と大声で叫んでしまいたくなる人は要注意です。 たとえ嫌いであっても、好きではなくでも、億劫でもやらなければならないのです。学ばなければならないのです。 学ぶことによって、人は成長します。賢くなります。頭が鍛えられます。理性的になります。この理性的というのは、「筋道を立てて、ものごとを合理的に考えられられるようになる」ということです。 大人であっても、そうしたことがいとも簡単にできてしまう人と、なんて愚かなことを…という言動をとる人と両方のタイプがありますが、できれば、前者の方を目指したいと思いませんか。 だから、勉強の好き嫌いは別として、「中学生である今は、頭脳を鍛えなければいけないのだ!」という事実を知ってください。心に深く刻んでください。

 いろいろな誘惑もあるでしょう。大人への憧れ、近づいたいという気持ち、自分を求める心、そうしたものも芽生えてきたでしょう。 しかし、強い意志で『学び』というものを求めてください。そうした誘惑たちに負けてはいけません。 一日の終わりに、『今日一日、何を学びしか』という点で自分を振り返ってみるような、そんな日々でありたいのです。 そして、そうしたことの積み重ねによって、『精神力』が鍛えられます。「意識して何かを成し遂げようとする力」が精神力を生むのです。 勉強もやらなきゃいけない、でも遊びたい…という時に、単に遊びを選択するのは簡単なことです。苦しんで勉強を選ぶことも、さほど難しいことではありません。 しかし、一見相反するこの二つを、どうやって両立できるかを深く考えて、上手に時間を活用する方がいいのです。 これがベストです。こうしたことを考えることも『精神力』を鍛えることにつながります。

 間もなく一学期が終わろうとしています。君たちにとって、どのような学期であったでしょうか。 さぁ、ここで頭脳の鍛え方が足りない、精神力の鍛え方が足りない、体力の鍛え方が足りない、と自覚した人は、これからの夏休みが助走期間です。 そして二学期からステップアップできるように、強い意志で自分をコントロールしてみましょう。

 学んで学び尽くす…くらいの意志が必要です。青年たちよ、学べ!

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第111号〜第140号に戻る
 

バックナンバー
第111号〜第140号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/23 リニューアル
2005/07/11 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2005 Saburo Tanzawa All Rights Reserved