学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第142号


☆問題を整理する
 社会人になると誰もが仕事をします。最低でも一日八時間は拘束されます。 一日が二十四時間ですから、仕事の時間は最低でも三分の一、残業や休日出勤を加えれば、もっと多くの時間を仕事に費やしていることになります。 しかも、この仕事時間には、仕事場、職場への行き帰りの通勤時間は含まれていません。ですから、大人になると、一日の中で、非常に多くの時間を『仕事』というものに充てていると言えます。

 しかし、そんな仕事が、苦しみであったらどうでしょうか。いやいややっている、ただ時間が過ぎるのを待つだけの仕事であったらどうでしょうか。 あるいは、仕事そのものが、苦しみや悲しみの連続で、逃げたくて逃げたくて仕方ない、辞めたくて辞めたくで仕方ない状態であったらどうでしょうか。 この場合、一日のうちの大半が『仕事』であることを考えると、一日のほとんどが不幸な状態になるのです。

 しかし、こうした不幸は、実は仕事のなかの優先順位をつけられなかったり、さまざまな諸問題を整理できなかったことに原因があるのです。

 社会で働いている大人の中には、いろいろな困難、苦難が次々とやってきます。しかしその中でも、大変手際よく仕事をし、成功している人がいます。 一方、「今日は何の仕事をしようかな…。まずはお茶を飲むか…。じきに電話でもかかってくるだろう。そのとき考えよう」などという風に仕事をしている人もいることも事実です。 成功している人はいいのですが、そうでない人は、急に大きな仕事が入ってきたり、多くの仕事が入ってくるだけでパニックになります。 「仕事をする」という準備ができていないからです。普段から要領よく、効率よく仕事をこなしていないと、いざ、というときに対処できないのです。

 これは、試験勉強をまったくしていないで、いきなり試験を受けて、問題を見たときに愕然(がくぜん)とするさまに似ています。本来やっておくべき準備を怠り、いざ本番と言うときになって大あわてするわけです。

 本校でも、多くの人が系列高校へ進学する中で、自分でチャレンジして他校へ進学しようという人もいます。 そうした人は、もう一踏ん張りです。一人一人の十五歳の春を、悔いのないものにしてください。いろいろな悩みもあるでしょう。 問題もあるでしょう。でも、それを一つ一つ整理して、問題を解決して欲しいと思います。

仕事でも、受験でも同じです。「今日しなければならないことは、これとこれ。明日までに、明後日までにやらなければならないことは、これとこれ」という具合に、問題を整理してみましょう。 できたら書き出してみて、優先順位をつけて、一つ一つクリアしていきましょう。すぐにできないこと、ある程度の期間がかかるものにおびえてはいけません。

「今できることを、今できる環境で、最大限やる!」ということが大事です。そうしたことで『心の余裕』が生まれます。焦らなくなります。あわてなくなります。試してみてください。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第141号〜第170号に戻る
 

バックナンバー
第141号〜第170号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/23 リニューアル
2005/09/05 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved