学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第154号


☆勝ち組と負け組
 このところしばしば、「勝ち組・負け組」という言葉を聞きます。どうも、成功している人が「勝ち組」で、そうでない人が「負け組」らしいのですが、 何となく違和感を感じます。君たちも、この言葉に影響されて、『将来は絶対に「勝ち組」に入りたい…』などと言っている人もいますが、「勝ち組」って一体なんですか?

 君たちにとっての「勝ち組」は、良い成績をとることでしょうか。良いといわれる学校に進学することでしょうか。有名大学に合格することでしょうか。 大人の世界の「勝ち組」とは、よく聞いていると、お金持ちが「勝ち組」で、そうでない一般人がいて、 それより豊かな生活が送れない人たちが「負け組」のような感じで使っているようです。ヒルズ族なら「勝ち組」、年収高ければ「勝ち組」、 セレブならば「勝ち組」…とこんな具合です。

 世の中、失業率もまだまだ高く、不況が続いていますので、お金持ちにあこがれる風潮があるのは分かります。しかし、お金持ちイコール勝ち組という図式は、 正しいとは言えないと思うのです。

 確かにお金に余裕があれば、ほとんどの悩みは解決すると言われています。高級品にあふれ、広い家に住み、贅沢な暮らしができれば、嬉しいかも知れません。 しかし、それが真の幸せかどうかは分かりません。しかし、現実には、お金持ちにはお金持ちなり悩みがあり、苦しんでいる人も大勢いるのです。

 大切なことは、心穏やかに、生き甲斐をもって、自分が社会に貢献していることを自覚しながら生きてゆくことです。お金はあればあるに超したことはありませんし、 なければ困りますが、その多さ、少なさにより幸せが決まるわけではありません。お金持ちイコール勝ち組という図式のなかで、勝ち組イコール幸せとは言えない、というわけです。

 今あるお金を減らさないように、今の生活を壊さないように、汲々(きゅうきゅう)としているうちに、いつしか自己中心的で、心が乱れた生き方になっている人もいます。

 君たちも、成功者と言われる人をよく観察してみてください。決して俗に言う、勝ち組・負け組というグループ分けでは計れない、 魅力を持った人たちが、きっといるはずです。外見だけで惑わされることなく、人の噂にだまされることなく、理想の成功者を目標に歩んでゆきましょう。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第141号〜第170号に戻る
 

バックナンバー
第141号〜第170号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/11/28 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved