学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第155号


☆どんな大人になりたいか
 先日のNHK教育テレビの『課外授業ようこそ先輩』では、アニマル浜口さんが、母校の島根県浜田市原井小学校を訪ね、6年1組23人に、 『自分の弱さに打ち勝て』というテーマで授業をしていました。この中で、アニマルさんは、子どもたちに『どんな大人になりたいか』という宿題を出します。 すると、翌日には次のような答えが寄せられたのです。そのいくつかを紹介します。

 ・子どもに夢を与えられる選手
 ・見ている人を元気にするようなプレーをするプロ野球選手
 ・子ども達に夢を与えられる小学校の先生
 ・どんな子どもでも平等に接することができる学校の先生
 ・子ども達に優しくて元気で明るい保母
 ・子どもに優しくできる保育士
 ・子どもの安全を守る大人
 ・みんながおいしいと喜んでくれるようなお菓子を作る
 ・一人ひとりに夢を与えられるケーキ職人
 ・みんなに元気を与えられるような和菓子を作る
 ・乗る人が安全でいられる舟をつくる
 ・自分に自信の持てる大人
 ・みんなを笑顔にできる人

 びっくりしたのは、そのほとんどが、自分中心ではなく、他の人のためを思っているということです。 『自分は、世の中で役に立ちたい、人を幸せにしたい…』という気持ちの表れでしょう。とても感動しました。こうした人であふれたら、 きっと日本はもっとよくなるでしょうし、発展するでしょう。それに、世界平和もまた一歩前進するかも知れません。

 人間は一人では生きてゆけません。成人するまでは、ほとんどはまわりの人に支えられ、助けられるだけの人生です。 だからこそ、大人になったら、今度は逆に、多くの人を助ける立場に立たなくてはならないはずです。それが、社会への恩返しです。

 数日前、フィギュアスケートのNHK杯が行われました。その中で、女子シングルで2位になった村主章枝選手が、インタビューの中で、 「お客さんのためにいい演技ができれば、それで私は幸せです」と答えていました。

 村主選手のフリーの競技プログラムのテーマは、『感謝と希望』で、4分間のという演技時間のなかで、人間の光と闇、とくにその闇の中から希望を見出し、 抜け出す、「希望の道」ということをテーマに演じたのだそうです。確かに素晴らしい演技で、見ている人に感動を与えるものでした。

 人は、いろいろな場面で感動を与えることができます。どんな立場、どんな環境であっても、それはできます。お金も学歴も関係ありません。 生まれも、育ちも関係ありません。健康であろうが、病気であろうが関係ありません。

 さぁ、君たちは、どんな大人になりたいですか。一度じっくりと考えてみてください。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第141号〜第170号に戻る
 

バックナンバー
第141号〜第170号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/12/05 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved