学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第159号


☆決意新たに一年を始めよう
 いよいよ新しい年2006年が始まりました。年の始まりにあたり、君たちも様々な目標や計画を立てたことと思います。 大晦日から正月元旦にかけては、世界中の人々が、心新たに新年を迎えようという気持ちになります。

 日本では、寺で大晦日の夜から元旦にかけて除夜の鐘を撞きます。ですからちょうど大晦日の日付の変わることになると、 どこからともなく、「ゴーン」という鐘の音が響いてきますね。この鐘は全部で百八回撞きます。「人間の持っているさまざなな煩悩(ぼんのう:過ぎた欲望などの醜い心)を、 一つひとつ払いのける」という意味があります。百七回目までを大晦日に撞き、最後の百八回目を年が明けてから撞くというのが習わしです。日本人であるならば、きっと小さい頃から、 この除夜の鐘を聞いて育っているでしょう。今年の末に聞くときには、「一回一回の鐘が、人間の煩悩を取り除こうという意味があるのだ」と思って聞くと、 さらに新年を迎えるに際して、身が引き締まることでしょう。

 煩悩には、さまざまなものがあります。例えば、欲しい欲しいという気持ちで常に落ち着かない状態である貪欲(とんよく)です。 『貪(むさぼ)る』ことです。確かに人間にはさまざまな欲がありますが、これを持ちすぎると、醜く見えます。また、過ぎた欲望は、身を滅ぼします。 食欲はなければ生きていけませんが、生ゴミを必死であさる野良犬のようにガツガツしている姿は、醜く、また悲しく見えます。このほかにもいろいろな欲がありますね。 この欲を数え上げても、ものすごい数になります。もちろん欲がいけないのではなく、欲が過ぎることがいけないのです。 そうしたコントロールができるのも、人間ならではのことです。

 日本にはまた、初詣という習慣もありまあす。これは神社が多いかもしれませんが、寺社に行くこともあります。 神社は神様、寺社は仏様を敬い祭っていますから、そうした神様、仏様に年の初めにご挨拶に出掛けるわけです。 君たちの中には、「何かお願い事をしに行く」と思っている人もいるかも知れませんが、お願いだけではいけません。

 「今年は、真面目に正しく生きます。嘘をつくこと、自分をごまかすことはしません。 このように立派に生きていくことができましたならば、私の願いである○○もきっとかなえてくださることと信じます」という具合に、自分の決意を込めて、目標なり夢を願うのです。 新年、何よりも先に寺社で、自分の決意を宣言するわけですから、尊いこととされるのです。 神様仏様との契約でもありませんし、ギブ・アンド・テイクでもありません。自分が努力するから、おかげがやってくるのです。 自分の心身を清めるからこそ、そうした願いが届くといいます。このことは、キリスト教圏の国でも同じです。西洋でも「天は自ら助くるものを助く」という言葉があります。

 新年です。心を整え、身体を清め、決意新たに新しい年の計画を立ててみようではありませんか。

 今年が君たちにといって、輝く一年であることを願います。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第141号〜第170号に戻る
 

バックナンバー
第141号〜第170号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2006/01/09 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved