学級通信のネタ
  学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第161号


☆自立のための第一歩
 推薦入試が始まりました。この土日も受験をした人も多いことでしょう。「先生、倍率3倍なんです…」などと、言う人もいましたが、もう今さら倍率は関係ないでしょう。 受験を終えた人にとっては、できることは唯一、発表を待つだけです。まだまだ心が落ち着かないかも知れませんが、そこはぐっと我慢です。

中学生にとっての高校入試は、自立への第一歩です。親と相談することはあるでしょうが、実際に願書を書き、それを受験校に提出するのは自分自身ですし、 試験を受けるのも、合否の発表を確認するのも、手続きをするのも、原則として自分自身です。こうした一連の手続きを通して、大人への階段を一段上っているのです。

推薦入試のあとには、一般入試も控えています。もちろん選抜試験ですから、合格する人もいれば、そうでない人もいます。高等学校は義務教育ではありませんし、 さまざまな学校、特色ある教育を行おうと、理想を掲げ、入学希望者を募集しているわけですから、当然のことながら、競争が行われるのです。

「競争しなくても、誰もが希望する高等学校に入学できればよい」という考え方もありますが、競争のない社会は堕落します。努力しなくても、希望がかなうことになれば、 ほとんどの人は怠けることをよしとして、向上を目指さなくなってしまうからです。

それでも、こうした入学試験のシステムは、君たち十五歳にとっては、少し厳しいかも知れません。試練に思えるかも知れません。 しかし、このハードルを乗り越えてゆかなくてはなりません。そして、それは君たち自身であることが求められているのです。

土日は、君たちの先輩も、センター試験を受験しました。そして、みずからの目標や夢に向かって、努力を重ねています。

多少つらいこともありましょうが、競争を逃げてはいけません。正々堂々と、立ち向かってください。それが、自立であり、自らの人生を切りひらくチャンスであるのです。

全員が第一希望に合格することはないでしょう。しかし、一方、それによって人生が決定されるわけでもありません。 人は、さまざまな環境や経験によって、学びを深め、成長していくのです。それが、人間の社会であり、この世の仕組みです。

恐れることなく、焦ることなく、怯(ひる)むことなく、あきらめることなく、どこまでに立ち向かってください。それが、自立のための第一歩です。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第141号〜第170号に戻る
 

バックナンバー
第141号〜第170号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2006/01/23 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved