学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第163号


☆成功の芽
 葉は秋に紅葉し、そして枯れて散ってしまいます。寒い冬には木々は丸裸。淋しげに見えるそうした木々は、凍てつく風や氷雪に堪え、じっと春を待っています。 しかし、よく見ると、どの木にも、もう新芽が出ているのです。冬のさなかにも、春の息吹がそっと準備をしている姿は、希望そのものです。

 そんな姿を見ると、苦しみや悲しみを超えた中に、春の喜びがあるのだと感じます。確かに、自分の思い通りにならないことは、苦しく、悲しいことですが、 よくよく考えてみてください。世の中、自分の思い通りだけに生きていられる人はいません。人は、さまざまな困難や苦難の中で、もまれながら生きているのです。

 ちょうどこんな冬の時期に受験があるというのも、春を待つ自然の姿と重なっているように思えます。微かだけれども、だんだんと強くなっていく日の光を、 懸命に浴びながら、一歩一歩と、春に向かっているのです。

 人は、成功したいと思う中に、進歩があり、発展があります。しかし、いつでもうまくいくとは限りません。壁にぶつかり、行く手を阻まれることもあれば、 山道で霧に迷うこともあります。

 ところが、本当はそうした時こそ、飛躍のチャンスなのです。「自分を見つめ、自分を知り、自分のなすべきことを明らかにする」、とてもよい機会です。 その中で、道は必ず開け、未来が見えてくるでしょう。昔から、『ピンチはチャンス』というではありませんか。

 どうか、今ある現実に逃げずに、勇気を出して、立ち向かってください。前を向いて、歩きつづけてください。昨日よりも今日、今日より明日と、 一歩ずつでもいいですから前に進んでください。

 春は必ずやってきます。前進する中に、きっと若芽を見つけることができるでしょう。それこそが、あなたにとっても成功の芽です。 その小さな芽は、あなたに勇気を与え、元気を取り戻してくれるはずです。

 さぁ、逃げずに立ち上がれ。必ず成功の芽は見つかるはずだ。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第141号〜第170号に戻る
 

バックナンバー
第141号〜第170号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2006/02/06 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved