学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第164号


☆ある小学生のこと
 先日、ある高校生が落ち込んでいました。尋ねると「小学生にバカにされた」というのです。頭にきたからと言って、当然、高校生として小学生に手を出すわけにもいかず、 その時、何もできなかった自分を悔しがっていたのです。

 工場に見学に行ったとき、小学生が声をかけてきました。「こんにちわ」、と挨拶をしてきたのだそうです。そこで、彼も、「こんにちわ」と返したのですが、相手の小学生は、 「ばーか。おやじ!」と罵ったのです。小学生のそうした態度は、許されるべきことではありません。君たちだったら、どう対処しますか?

 「ぶん殴ってやる」という声が多いようですが、果たしてそれでよいのでしょうか。「どうせ、俺たちが手を出したら、逆に学校で処分されるんだろ…」、 「親の顔が見たい」、「言葉で応酬する…」、こんな声も聞こえてきましたが、どれもあまり有効は解決策とは言えないようです。

 さて、その小学生は、本当にほんの冗談のつもりで言ったのでしょうか。状況からして、「高校生は手を出せない」と判断してのことだったのでしょうか。 しかし、もし仕返しされたら、絶対に勝ち目はなかったはずです。

 私は、その小学生を思うと悲しくなりました。本気にしろ冗談にしろ、安易にそのような態度をとってしまった彼は、淋しい人間なのだなぁ、と思うからです。

 子ども時代は、ご両親の愛をめいいっぱい受けて育たなくてはなりません。その中で、社会性を学び、善悪の判断基準を学び、知識を学びます。 ところが、彼の場合、この部分がうまくいっていないことが想像されます。どういう環境なのか分かりませんが、きっと悲しく、苦しい状況なのかも知れません。

 また、間違った言動をしたときに、きちんと叱り、教え諭してくれる大人が側にいるのかどうかも、気になります。このまま大人になってしまえば、 さらに一段と、苦労の多い人生を歩むことになってしまうからです。

 こうした観点から、我慢した高校生を振り返ると、「傷ついたかもしれないけど、立派だったかな」と思います。その高校生の方が、さすがにずっと大人で、健全だからです。 その場で、叱ることができたならば、満点だったかも知れませんが、なかなかできることではないでしょう。

 社会にはいろいろな人がいます。彼らも子ども時代があり、いろいろな人から、様々なことを教えられ育ってきました。そうして立派な考えができる大人が多くなると、 社会は栄えてゆきます。今は悔しいでしょうが、あの小学生が、どこかで間違いに気づくことを願いましょう。

 さて、君たちだったら、どうしますか。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第141号〜第170号に戻る
 

バックナンバー
第141号〜第170号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2006/02/13 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved