学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

メールマガジン『学級通信のネタ』バックナンバー

第179号


☆与える愛の実践を
人間は、本能のままに生きれば、欲ばかりの人生となるのです。「あれも欲しい、これも欲しい」と、物質的なことから精神的なことまで、欲しいものだらけです。 その中で、愛も欲しいと思うでしょう。「自分をいたわって欲しい。励まして欲しい。なぐさめて欲しい。愛して欲しい…」と、こうした感情です。

 しかし、世の中すべての人が、こうして互いに、自分のないものを求めたらどうなるでしょうか。世の中に、愛が欲しいという人ばかりがあふれたら、どうなるでしょうか。 あちらこちらに愛を求める人間が大勢いて、いつでも、自分中心に、自分が欲しいもの(愛)を求めていたら、それは、おぞましい世界になると思うのです。

 そうした世界は地獄です。自分中心にものごとを考え、自分はもらう一方の世界は、地獄なのです。地獄には、「人のために何かをしよう。親切にしよう」という人は一人もいません。 地獄の住人は、みんな自分勝手です。私が、私が…と自分のことしか考えません。 判断基準は、すべて自己中心的で、「自分がうまくいけばよい。自分が得られれば良い」、としか考えていないのです。

 この地上を、地獄化しないためにも、私たちは、ときに自分というものを抑えて、他の人のことを考えなくてはいけません。 時々は、他の人の喜ぶこと、他の人が嬉しいと思うこと、他の人が幸せになることを気遣い、行ってあげるのです。 このように、相手のためを思って行う行為を『与える愛』と言います。 昔から、「困っている人がいたら助けてあげましょう」とか「人には親切にしましょう」という教えも、この『与える愛』です。

 自分が与える側にいる人間であるか、与えられる人間であるかは、一日を振り返ってみれば分かります。 今日、自分が他の人から与えられたことと、今日、自分が他の人に与えたことをリストアップしてみて、与えられたことの方が多ければ、自分は与える側ではなく、 奪う側の立場にいることになります。このように一日を振り返ってみると、いかに普段から、自分は親や家族、社会、そして他の多くの人から与えられていることに気がつくでしょう。 あの世には天国と地獄という世界が厳然としてありますが、与えた側の立場の人間が天国行き、与えられる側の立場の人間が地獄に行くのです。

 相手に心地よい思いをさせることも愛ですから、朝、笑顔で元気に挨拶をすることも、小さな『与える愛』の実践です。 お弁当を作ってくれたお母さんに、言葉は短くとも心を込めて、「ありがと…」と言って弁当を受け取ることだって、小さな『与える愛』です。 交差点で、自動車が止まってくれたとき、会釈をすることだって、小さな『与える愛』でしょうし、お店で買い物をしたときに、買った側が「ありがとうございます」と言うことだって、 『与える愛』です。これは、逆の立場になってみれば分かります。 自分は客だから、お金を払っているのだから…、と横柄な態度の客と、「いいものを売ってくれてありがとうございます」という感謝の気持ちが伝わってくる客と、 どちらが気分良く商売できますか。そういう気持ちの良いお客さんには、もっといいものを、もっと安く、そしてさらにサービスしよう、という気持ちにもなるでしょう。 そうすると、お客はまた来店してくれて、いい関係が築けるのではないでしょうか。

 相手に不快感を与えないように気を遣うことも、『与える愛』です。感謝の気持ちを込めることも、笑顔で接することも、相手を思い、心を込めることもすべて『与える愛』です。 そう考えることができれば、『与える愛』の実践の場は、世の中に満ち満ちていると思いませんか。

さぁ、今日から、『与える愛』の実践をしてみましょう。そして、いつしかそれが当たり前の行為となり、『与える愛』であることを忘れるくらいになれば、なお良いのです。

メールマガジン『学級通信のネタ』のバックナンバーを再編集し、紹介してます。

 
バックナンバー
第171号〜第200号に戻る
 

バックナンバー
第171号〜第200号

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2007/02/05 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved