学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

教育講話記録 教育実習に臨むに際して

(1) 子供たちを愛すべし
(2) 心のコントロールをせよ
(3) 情熱的であれ、そして正直であれ
(4) 感謝の気持ちで実習を
(5) タイムマネージメントを
(6) 真理を語るに無限の切り口がある
(7) チャレンジ精神で

(1) 子供たちを愛すべし
 つねに「自分は、子供たちをよくしたいのだ。良い方向に導きたいのだ」と念い続けることです。

 気の会う生徒もいるでしょうし、そうでない生徒もいるでしょう。これら誰彼となく、区別することなく、全員を愛そうとすることです。包み込もうとすることです。 たとえ、立ち向かい、また過てる考えをしていたとしても、相手の仏性を見ようとすることです。

 その念いを持ち続けていれば、必ず悟りの薫りは伝わります。今、分からなくてもよい。 あの時、教育実習できた先生の気持ちは、きっとこうだったのだ…と何年後、何十年後に気づくこともあるのです。

 人は等しく光り輝く性質、ダイヤモンドの原石を持っています。そして必ずや、正しさと向上の匂いを知っているのです。 サケが自ら生まれた川に遡上するように、その薫りを頼りとして、いつか目覚めるときが必ず来る、と信じて、子供たちと接することです。

 その愛とは、ある時は包み込む愛であり、ある時は教導の峻厳なる愛です。優しさと、間違いを正さない勇気なき心を混同させないことです。

(2) 心のコントロールをせよ
 「立ち向かう人の心は鏡なり」という言葉があります。反発であれ、試しであれ、自分に対して向けられた態度や行動は、必ず自分自身の心が呼び込んでいるものなのです。

 その呼び込んでいるものとは、自分自身の心の波立ちです。緊張することもありましょう。動揺することもありましょう。 それ以外にも感情が揺れることもありましょう。しかし、そうした心の波立ちは、極力抑えようと努めることです。

 鏡の如き湖面とはいかないかも知れませんが、平らかに心を保ち、たとえ、その水面に石が投げ込まれたとしても、その石を大きく見過ぎないことです。 それは、ほんの小石かも知れない、ただの葉っぱかも知れません。

 心のコントロールは、いついかなる時でも訓練できます。訓練すればするほどに精度がよくなってゆきます。 通勤の電車やバスの中でも、そのコントロールはできます。もちろん、教室をはじめとする学校現場で行うことは言うまでもありません。

 何を言われても、何が起こっても、心揺らさず、瞬時に切り返せる、そうした訓練ができるのが、子供たちとの会話です。

(3) 情熱的であれ、そして正直であれ
 一般論として、はっきり言えば、教育実習生が上手な授業ができるわけはないのです。 初めて教壇に立ち、子供たちを前にして、堂々と、または的確に、長く努めている現場の先生方と同じか、それ以上に授業ができることはあり得ないことなのです。会社で言えば、新人研修のようなものです。

 そのなかで、唯一現場の先生方に勝ることができるとすれば、「情熱」でしょう。若さゆえの、年齢が子供たちと近いゆえの、熱く語る「情熱」です。

 この「情熱」を大切にしてください。一生懸命、全身全霊で、子供たちに向かってください。その気持ちは必ず伝わります。一生懸命さ、真剣さは必ず伝わってゆくのです。

 そのときに、「正直である」ことを失ってはなりません。

 先生の一生懸命さは分かった、それでは…と次に、子供たちは、先生を試そうとするのです。 揺さぶりをかけてくるのです。それは意識的であることもあれば、先生との接点を持ちたいがための、無意識的であることもあります。 その時に、分からないことがあったとしても、絶対に誤魔化さないことです。知らないことは、知らない、と正直に答え、学ぼうとすることです。

 教師は、生徒からも学ぼうという姿勢を常に持ち続けることが大切です。自らの周りに起こる事がらは、すべて学びの種であり、師であります。

(4) 感謝の気持ちで実習を

 教育実習は、学校にとってはお荷物であることには違いありません。後継者の育成としての大切な場であることは、重々承知していながらも、学校、現場にとっては迷惑であるのです。

 何週間にもおよび、子供たちと接し、それは、彼ら実習生はよい経験を積むことができるでありましょうが、実習が終わったのちの現場は、毎年そのフォローと立て直しに大わらわなのです。

 そのことを考えれば、実習をさせて頂いていることに、常に感謝の気持ちを持ち続けることです。誠意ある対応、紳士的に振る舞うことです。

 併せて、子供たちにも感謝することです。子供たちがいなければ、いくら教壇実習をしようとしてもできないのです。

 毎日、毎日が、一時間、一時間が感謝の気持ち満ちあふれる状態で取り組んでください。

(5) タイムマネージメントを
 実習中、できるだけ子供たちとの接点を作るためには、いろいろな放課後の活動にも顔を出すべきです。その時の子供たちの顔は、授業中とは違っておりましょう。

 そのためには、タイムマネージメントをし、やるべき仕事は段取りよく終わらせてしまうことが大切です。家で教材研究しようと思っていて、飲みに誘われたりして、予定が狂うことだってあります。

 他の実習生の二倍くらいの効率で仕事こなしてください。仕事は、同時並行でいくつもできます。そしてまた、一つことをあまり長くし続けると、効率が落ちます。

 いずれにせよ、与えられた時間を最大限に使い、全力、最高の教育実習にしてください。

 たった二週間か三週間です。その間、本来の自分とは自分を演じることだって可能なのです。

 いろいろなことが試せます。そして、それがまた許される機会です。

(6) 真理を語るに無限の切り口がある
 せっかくの機会だから、少しは真理を語りたいと思うでしょう。節度保って行うには、結構なことであろうと思います。

 子供たちは実習生の話を求めています。どんな話をしてくれるのかを楽しみにしています。 その時に、決してお説教に聞こえないような、それでいて、心に自然に染み込んでいく、そんな真理を語ることを心掛けるとよいと思います。

 その切り口は無限です。いくらでも語ることができます。あなた自身が考えたことも含めて、さまざまな話をしてあげるといいでしょう。

 しかし、もちろん、第一に教科指導が中心であります。

(7) チャレンジ精神で
 自分の得意、不得意で仕事を選り好みしないのが、教員の世界です。実習生であっても同じです。自分の不得意分野にも積極的に取り組むことを心がけてください。

 何ができて、何ができないのか、何が得意で、何が不得意なのか、何が長所で、何が短所なのか…ということも実習期間を通して発見できるはずです。

 そこに必ずや、明日の自分を導く種を発見することができるでしょう。
 

 
教育講話記録トップに戻る
 

教育講話
教育実習に臨むに際して

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/20 リニューアル
2005/04/12 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved