学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

教育講話記録 苦しみや悲しみの意味

いろいろなことがありましょう。苦しみもありましょう。悲しみもありましょう。しかし、苦しみは苦しみのためにあるのではありません。悲しみも悲しみのためにあるのではありません。 苦しみや悲しみは、あなた方を向上させるための試金石であるのです。これを信じることです。

 苦しみは、あなた方の魂を鍛えるためにあります。あたかも刀鍛冶が、はがねを鍛えようと、熱しては冷やし、熱しては冷やしているように、苦しみを通して、心はどんどん強くなるのです。

 また、悲しみは、人を優しくします。そしてさらに、その悲しみの底を打ち破ったときに、実は、大きな大きな力がわいてきます。それは人の気持ちを理解する心です。愛です。 真の悲しみを経験した人は、他人に優しくなれます。上辺だけではない、心の底から、相手を思いやる気持ちが生まれます。

 人のせいにしたくなることもあるでしょう。環境のせいにしたくなることもあるでしょう。確かにその通りであることもありましょう。 でも、いくら人のせいや環境のせいにしたところで、自分自身の向上はないのです。いくら、自分のうまくいかなかったことの理由を他に求めても、何も生まれません。進歩はありません。

 これから先には、難しい問題もやってきましょう。しかし、あなた方に解けない問題はありません。人生に解決できない問題はありません。 人には、「その一生のおいて、その人が解ける問題しか与えられないのだ」、ということを信じてください。

 明るく元気に、さわやかに生きてください。さぁ、新たなる大海へ、進んで行きましょう。

 
教育講話記録トップに戻る
 

教育講話
苦しみや悲しみの意味

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/20 リニューアル
2005/04/10 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2005 Saburo Tanzawa All Rights Reserved