学級通信のネタ   学校でのさまざまな『通信ネタ』となる文章・アイデア・ツールを紹介しています。

教育講話記録 感謝の気持ちで

 君たちにとっては、『卒業』という言葉が、否応なしに重く感じられるようになってきたのではないか、と思います。

 昨日、偶然十何年ぶりに知人と会いました。その方はもう五十歳を少し過ぎた方で、以前はこの地区では有名なスーパーの取締役をしていたのですが、 半年ほど前に別のやはり同種の会社に引き抜かれて、同じような立場で活躍されている、私の友人であります。 その方は、私に、「半年前に職場を変わったけれども、私も五十を過ぎたんです。もうこれからはお返しの人生だと思って、仕事をしているんですよ。 そう思ったら、道は開けてゆくのですね。本当にそうなんです。 毎日いろいろなことが起こります。これでもか、これでもかっていろいろな問題がやってきます。 まるで自分を試しているかのように、困難苦難がやってくるんだけれども、一つの目標に向かって、『自分はもう社会にお返ししよう、お返しの人生だ。 常に感謝の気持ちを持ち続けよう』、として、生活していると、いろいろな問題も、ぱーっと道が開けてくるんです。すごいことです。」と話されました。

 なるほど、と思いました。私も実感として、少しですけれども、『感謝の大切さ』というものを感じているからです。 人間はすでに多くのものを与えられています。私自身もそうです。君たちだってそうです。いろいろと不満もありましょう。 自分の思い通りにならないこともありましょう。でも、それはどこを基準に考えているか、ということです。「こうして健康でいられる」、ありがたいことではありませんか。 「毎日元気に学校に通える」、ありがたいことではありませんか。日本という国に生活していることで、他の貧しい国に生まれた場合とは、天と地ほどの差が、恵まれたことが、すでに与えられています。 勉強なんて、めんどくさいな、と思う人もいるでしょう。人は、黙っていると楽な方へと進んでいますから、そうした気持ちも起きる場合もあります。 でも、君たちは字が書けるでしょう。本が読めるでしょう。そんな基本的なことだってできない人が、君たちと同じ年齢でも世界では大勢いるのです。 鉛筆の代わりに銃を持っているとか、あるいは家族を養うために働いている。お父さんは戦争で死んでしまった。あるいは大けがをして動けなくなってしまった。 男手は自分だけ、働いて家族が生活できるようにしなければならない…、そういう子供達も大勢いるのです。 ペンの代わりに銃を持っているなんて、かっこいいな、と思う人もいるかも知れませんが、それは映画やドラマの世界にあこがれているだけです。 常に死と隣り合わせの、緊迫した状況に君たちは耐えられますか。恐らくは逃げ出したいでしょう。やめたいでしょう。 できることならば、学校で平和に勉強したいでしょう。本を読みたいでしょう。彼らは恐らくは、そう思っている、そう願っているだろうと思うのです。

 つまり、日本人として生まれている、というだけを考えてみただけでも、どれほど恵まれているか、ということです。 普段はそうしたことすら考えたことがない、いつしか、毎日の生活が当たり前のことで、それが普通になっているのです。 その普通が基準となって、もっともっとと求めているから、満たされない状態、欲しい欲しいという状態になってしまうのです。 でも、与えられているです。足りないところだけを見て、それを求めても苦しいだけでのです。 そうではなくて、すでに多くのものを与えられているのだから、それに感謝することです。 そうすると、人はお返しをしなければいけなくなります。お返しの人生には、不幸はなくなるんです。 欲しい、欲しいという気持ちではなく、差し上げたいという気持ちに転換されるからです。

 卒業まで残り少なくなってきました。君たちは、この中学校で、多くのものを得ました。多くのものを与えられました。多くの学びがありました。 もちろん、いいことばかりではなかったでしょう。つらいこともあったと思います。悲しいこともあったと思います。嫌なこともあったでしょう。 でも、それら一つ一つが、経験として君たちの心の刻まれているのです。どれも決して無駄なものはありません。それぞれ学びの材料があります。 悲しみを深く経験した人は、人の痛みというものをよく理解できる、本当に優しい人間になっているのです。大きな苦しみを経験した人は、心が鍛えられました。 ちょっとやそっとでは負けない、不撓不屈の精神とでもいうべき、強い強い心になっているはずです。人を恨むこともあったでしょう。傷つけたこともあったでしょう。いろいろなことがあったでしょう。

 それを、できたらこの中学校にいる間に精算したい、まとめておきたいと思うのです。相手を傷つけてしまったなぁ、と思った人は、謝罪してください。 どうしても直接言えないのであれば、心の中でもいいですから謝ってください。それ以外にも、自分なりの方法でクリアにしておくのがよいと思います。

 その一つの方法として、与えられたことへの感謝を込めて、何か一つでもいいですから、心を込めたお返しをしてください。掃除ということで、教室の床を心を込めて磨く、ということでもいいんです。 クラブで後輩の指導をする、ということでもいいのです。何かできるはずです。探せば何かある。一つだけでいいですから、何か奉仕をして欲しい。 心を込めて、感謝を込めて、思いを込めたことをして欲しい、と思います。

 私も君たちから得たことは数多くあります。本当にありがたい気持ちでいっぱいです。お互い、残り少ない中3という時期を、感謝の思いで過ごしてゆきたい、と思います。 落ち着いて行動しようとか、校則違反をしないようにしよう、などというような消極的なことではだめです。マイナスを作らないように…ということではなくて、積極的にプラスを作ってください。 何か一つ、心を込めて、相手のためになることを、感謝の気持ちを込められることを、やってみましょう。 そうすることで、君たちは、今でも輝いていますが、さらに、輝きを増して、立派な人間になってゆくでしょう。

 
教育講話記録トップに戻る
 

教育講話
感謝の気持ちで

このページの更新履歴

2019/01/04 修正
2005/10/20 リニューアル
2005/10/15 公開


トップページ
ネタ探しのコツ
イラスト・フォントの紹介
ネタの種
教育講話集
学級通信サンプル
合本サンプル (PDF)
マガジンの登録・解除
バックナンバー
 第0号〜第50号
バックナンバー
 第51号〜第80号
バックナンバー
 第81号〜第110号
バックナンバー
 第111号〜第140号
バックナンバー
 第141号〜第170号
バックナンバー
 第171号〜

関連リンク


★教育現場での出来事

★学校通信のネタを考える

★子どもの成績を伸ばす法

★中学生数学ポイント集

Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved